お歳暮とは|ひとくち餃子の「点天」公式通販サイト

点天のお歳暮

お歳暮とは、今年1年お世話になった人に対して
「今年1年間ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。」の
気持ちを込めて渡す贈り物のことです。
会社の上司や取引先に贈る場合や、
新婚で新しい親戚が増えた場合は、
特にお歳暮のマナーに気をつけて
相手に失礼がないようにし、
日ごろの感謝を贈りましょう。

お歳暮とは

お歳暮は、1年の終わりである12月に、お世話になった方へ贈るギフトのこと。

お歳暮の起源は、室町時代。
もともと、お正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物として贈られていました。
そして、江戸時代になると、商人が年末に贈り物を持参して挨拶周りをしていたことから、全国にお歳暮という習慣が広まったとされています。

お歳暮には、「1年間ありがとうございました」という感謝の気持ちと、「今後とも末永くよろしくお願いします」という挨拶の意味が込められてます。

贈る相手

現代のお歳暮事情においては、誰に贈るべきという決まりごとがあるわけではありません。
昔よりもカジュアルな贈りもの、年末のご挨拶として一般的に馴染んでいるようです。
「お世話になった感謝のご挨拶」ですから、自身が務める会社の上司や取引先、普段なかなか会えないご両親、小さい頃からお世話になっている祖父母、そして親しい友人や恩師に贈るのが一般的といわれています。

ビジネスで取引先や上司に送る場合

仕事上のおつき合いがある方へのお歳暮は、その方の会社に贈る場合と、個人に贈る場合の2通りがあります。

取引先の会社に贈る場合には、宛名は先方の会社名、社長名、もしくは関係部署の代表者名や担当者名とすることが一般的です。ただ、特に特定の人にお世話になっている場合には、会社に個人名で贈ることやその方のご自宅に直接贈ることもあります。
また、送り主についても、個人名、上司との連名、部署名、自社名など、さまざまなパターンが考えられます。

些細なところではありますが、誤った判断をしてしまうと仕事上のトラブルにつながりかねません。
事前に自らの上司に報告・相談した上で、判断を仰ぎましょう。

また、企業や職業によっては業務上で知り合った方からお歳暮を受け取ることを禁止している場合もあります。
初めてお歳暮を贈る際は、相手の方に事前に確認を取るようにしましょう。

贈る時期

昔は、新年を迎える準備を始める12月13日の「すす払い」から20日までの間に贈るものとされていましたが、すす払いの習慣が廃れたことで贈る時期は前倒し傾向になっています。現在では11月末に贈るのも珍しいことではなくなりました。

地方や贈るものの内容によっても若干の違いが見られ、例えば関東地方では12月初旬~20日ごろ、関西地方では13日~20日ごろが多いようです。
一般に、受け取る側の負担を考えて年越し準備で忙しくなる年末の25日以降は避けたほうがよいといわれていますが、生鮮食品や鮭や昆布巻きなどのお正月用品は、むしろ正月に近い日付で贈ったほうがよいとされています。

点天の配達制限ついてはこちら ▶︎

配達制限

地域で違う
お歳暮の時期

  • 関 東 …………………………… 12月初旬から12月20日ごろ
  • 沖 縄 …………………………… 12月初旬から12月25日ごろ
  • 関西など、その他の地域 ……… 12月10日から12月20日ごろ

ひとくち餃子を
贈る場合

点天では、ご注文からお届けまで、最短5日の期間を頂戴しております。
お歳暮としてお送りしたい場合は、下記のお日にちを目安にご注文ください。

  • 関東の場合 ……………………… 12月14日まで
  • 沖縄の場合 ……………………… 12月19日まで
  • 関西など、その他の地域 ……… 12月14日まで

※休業などにより遅れる場合がございます。
※ご注文日から、最長20日後までのお届け日指定が可能です。

お歳暮の時期が
過ぎたときのマナー

気づいたら時期が過ぎてしまったということもあるかと思います。
もし、お歳暮の期間を過ぎた場合でも、「御年賀」や「寒中御見舞」として贈ることが可能です。
のしの表書きは12月31日までにお贈りする場合は「お歳暮」、
元旦から1月7日(松の内)までに届く場合は「御年賀」、
1月8日から2月4日(立春)までに届く場合は「寒中御見舞」「寒中御伺い」
と書きます。

点天の梱包・のしについてはこちら ▶︎

梱包・のしについて

お歳暮のお返し

お歳暮は、基本的にお返しをする必要はありませんが、感謝の気持ちを相手に伝えるためにも、お送りしてはいかがでしょうか。
「いつまでに返さなければならない」といった決まりはありませんが、お歳暮として返したいときには早めに贈るようにしましょう。
12月中旬から下旬に届いたお歳暮のお返しは、年が明けてからでも問題ありませんが、松の内(1月7日)までには贈るようにしましょう。

お歳暮の本来の意味は1年の最後を
締めくくる「感謝と挨拶」です。

翌年もいい関係を続けていけるよう
感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

点天では、今年もお歳暮の
ご予約を承り中です。
大切な方へ、おいしい餃子を
贈りませんか?

点天のお歳暮

ご購入はこちら

カートを見る

お問い合わせ

0120-888-399
【受付】8:30~17:00 日祝は休み

閉じる

ページトップへ